<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

バレエ•リュス展

うっとり。
充実した展示でした。

バレエが好き。
バレエ•リュスの映像をよく観ていたので(映画)
それが生で観られるという素敵な機会。
そして何故こんなにロシアの作品が好きなのだろうかを探求しに。



ひとつひとつが単体でエネルギーと面白さと挑戦しているワクワクが溢れこぼれる作品。
想いや想像が立体になり動きだし、音楽が鳴り響く。



ガイドによると、踊り=衣装=音楽(的なことだったはず)が等しく存在するバレエ•リュス。
その時代の攻めている人たちがタックを組んでいる印象を受けました。

個々のエネルギーが強い、それらが組合わさるというのは、、、もう蒸せ返してしまいそうな位の充実感。
憧れひたひた、そして羨ましい気持ち、どうしたらそこに辿り着けたのだろう、私もつくりたい。

ディアギレフが結びつけた魔法。

踊りは花形ニジンスキーを筆頭に、衣装デザインは天才画家(しかもまだあまり?ほとんど?有名でない時らしい)ピカソ、マティス、キリコに、、、音楽はストラヴィンスキー、ドビュッシー、ラヴェル、、、

こんな素敵な空間に居合わせた当時の人が羨ましい。
作れたら楽しいだろうな。大変だろうな。作ってみたいな。

大学生の時に衣装を作って、音楽作って、映像作って、踊りをするという発表をしたんですね、
失敗してしまって封印していたのだけれど(というのもその日その日で気持ちが移ろいすぎる、、、?興味がワーって分散して四方八方動き回るので頭がいっぱいになってしまい、知人に多動症と言われていたのもあり、人となるべく共同作業をしないように心がけていたのですが)

最近素敵な人と沢山出会っていて、仲間ができて、なんかできそう気がしている。
大学の時に1枚1枚ジャケットの種類を変えて手作りのCDを作ってみたり、配信を始めたりした。
HPや映像や衣装を作ってみたり、失敗しながら、でも作ってみる事で大変さや面白さがわかり、
いろんな人への敬意も増幅する。

いろんなことをやって上手くいったことと、あまり行かなかったことがあるけれど、
糧になっているから自信を持っていこう。っと背中を押してみる。





一番お気に入りはこれ↓
着たい。



ひびのこづえさんの衣装でも手が袖の長い衣装があるんだけれど、
それも凄く好きで、私もこんな衣装着たいなっと妄想。

服飾の勉強したい。
亡き祖母が服飾のプロだったのと母親も服飾の学校を出ているので、
実家で教えてもらってこようかなと思ったりしています。(実現できるといいなぁ。)
秘密にしたいくらい素敵な空間でした。
是非行ってみてください。


先日の日記、ちょっと心配されてしまったのですが、
虫の話は本当に虫の話です。

例えばです。平和についてお話してくれる人が居たとして、無意識にだけれど話している最中に蚊をパチンってやっちゃうのみたとすると、
ちょっとだけね、頭を真っ白に1度息をとめますなんとなく。ていう妄想。
とはいい、痒いからね、誰って話では本当にないのだけれど、そういう人が居たとして、その人を好きな事は変わらないんだけれど、蚊と交渉できたらいいのになって思って、血はあげるから、痒いの入れないでおくれ、とか。

平和についてとかいろんなこと考えてクルクルしているので、本当に仲良くしたいなってところ。

虫と人間のサイズを交換して妄想すると、本当に怖くて怖くて、だから共存について、とか、考えると、
何も食べられなくなるので、考えつつ考えすぎず。うん。

陶芸教室で作った陶器。


最近の愛読書
とボウモアが好き。

お仕事がとてもハードだったので、
頑張ったご褒美にこちら。

大人になって、段々頭でっかち。
身動きとるのが重くなってたりしている。
散漫。
身軽に、ピュアに、真直ぐに、素直に、愛らしく。

健やかに!

言い聞かせてみました。

でわわ

Babi
 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others