<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Le coeur de GARÇON

 今日はサックス四重奏
Le coeur de GARÇON
クール・ド・ギャルソン
の演奏会を聴きに行きました。

私、とってもとっても心奪われて1曲目のモーツァルトで我慢できず我慢していた結果鼻水じゅるじゅるでカーディガンが鼻水に、、、

舞台が観えました。
個人的な話なのですが、
学生の頃家族でパリでオペラ座に行って天井がのシャガールを観ました。
そして2010年にシャガールの展覧会が東京の美術館にきた時に素っ飛んで行ったのですが、
その中の絵でとても印象的だったのがありました。

モーツァルトの魔笛の曲の舞台衣装でのデザイン画や演奏者の絵があって、
アマデウスも観ていましたが、いろんな観てきたものがフワーって現実に頭の中で歌い出して、二次元も三次元も踊り出して、、、とても胸にきゅーっときました。

頭の中でわーって、
女の人がほっほほほほっほ〜って歌ってる1人にスポットライトがあたり、
何故か王道のピンクのドレスでした、、、笑
(王道でなかった、むしろ逆走ですね。。。。)
そこでもう限界〜
あーーーってなりました。

ハンカチ登場。笑

特に音色についてもの凄く考えました。
楽器それぞれがどんな音色に変化して行くのか耳を澄ませました。
その楽曲に対してそれぞれの細かな音色の違い、細かく変えているのがわかったので面白くて、素人耳ではありますが、でも音楽に対して見えない強いエネルギーはキャッチできる自信はあったので、理論的な事は専門家にお任せして、私は命が宿ってるものを感じていました、そして鳥肌を信じているので(ちなみに天空の城ラピュタ)とっても感無量でした。
つま先から前進に、ゾワーって。
ジジが犬に舐められた様な?って表現が違う様な?
毛が逆立ちました。

ああ、この作曲家きっと喜んでるのではって思いました。
小節ごとにパッと音色が変わったりするので色や質感場面が空想の中でもどんどん変わって行きました。
本当にひき込まれてしまいました。

そして私は勉強不足だなと思いました。
さらに奏者のベストな音を引き出せるいい譜面作りたいと思いました。
音を聴きながらスコアを観て勉強したいと初めて体感しました。
先生に音大時代言われたのですが、まだ興味が皆無でした。。。。

とにかく、感動した事は伝えたくてたまらないし、
何も出てこないときは無言になってしまうので、
でも言葉で伝えられないのですが、
こみ上げてしまうという感覚が素直な感想だったと思います。

次のコンサート連れて行きたい人沢山浮かべていました。
踊りたいなぁって頭で踊ってました。
この音が私の人生に刻まれるという事がうれしいなと思いました。

心から感謝の想いを込めて
でわわ

Babi



コメント
吉田のしほだよー
魔笛見に行きたい。魔笛の夜の女王のアリア大好きすぎるのでコメントしてもたー
  • しほ
  • 2013/06/12 9:46 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others